電飾スタンド看板ができたことによる街の変化

居酒屋、病院、カフェなどなどに今や夜間の案内に欠かせない電飾スタンド看板です。昔なんて数限りの都会しかなかったのに、今やいたるところで見ることができます。種類はスタンドからファサード、突出しまでいろいろあって夜のネオン街や街中を歩くのも楽しみとなり、サイズも多くなってきて、表示面のデザインもさまざま世にあふれてます。しかし、こういったものが多くなってきて、昭和の時代にあったレトロな雰囲気の街並みが現代はなくなってきてます。東京の歌舞伎町であっても、歴史のあるコマ劇場など壊されて違うビルが建ったりと、なっていて何か悲しい気分になってます。もっと昔の電飾スタンド看板の街並みを残すべきだと考えてます。また、今はLEDがでてきてそれが電飾スタンド看板に使われるようになったことは環境的にもよくて良いです。

集客を左右する電飾スタンド看板

電飾スタンド看板は暗闇でも明るく照らして、人々を導いてくれます。内照式の看板で、看板を更に目立たせる事が目的となっています。居酒屋やカフェ、病院等の入り口に立って鮮やかな光を放ち、様々な場面で役立っています。そのサイズやデザインも色々とあり、センスを生かす機会でもあります。また光源も様々で、LEDやEL素子、蛍光ランプ、ハロゲンランプ等お好みで使い分けることが出来ます。電飾スタンド看板で、店舗や施設の印象が変わるかもしれないですね。暗闇に明るい看板は人々の視線に自然と入るので、アピール効果は抜群です。だからこそ集客を左右する重要な役割を持っていますね。その存在感で高い広告効果が得られるので設置場所や表示内容等、使用用途に合わせて適切なものを選ぶ事が大切です。お気に入りの看板を見つけてみてください。

電飾スタンド看板を母が買いました

母がある日突然小料理屋を開きたいと言いだし、学校に通って修行もして、お店の許可を取り、オープンさせる事が出来ました。そこで準備の手伝いをしていたのですが、夕方から夜中まで開いている小料理屋の為、外が暗くてもわかりやすい様に電飾スタンド看板を置きたいと言っていました。そして代わりにネットで探してあげる事になり、なるべく経費削減したいので、安い業者を探して、お店の名前を入れてもらうようにして注文しました。後日電飾スタンド看板が届き、とても大きなサイズなので、存在感があり、明かりがとても綺麗と気に入っている様です。初めて来られるお客さんも看板が大きく光っていたのでわかりやすかった等と言われ、買ってよかったなと思えました。又他の場所で二店舗目もオープンする予定なので、その時も同じ物を買いたいと思っています。