優勝カップのトロフィーの重み

優勝者にのみ与えられる優勝カップには、語り尽くせぬ程の価値があります。その重みは手にした者にだけ理解する事が出来る、とても尊いものなのです。どんなジャンルでもそうですが、一つの事を最後まで全力で頑張ろうとするその意志は、何物にも代え難い、素晴らしい価値があると言えるでしょう。それを最後まで貫き通して全力を出す事が出来たという証明こそが、そういったトロフィーなどのシンボルなのです。ただ、もちろん入賞しなかった人でも、自分なりに全力を出す事が出来たのであれば、絶対にそれは後悔しないでしょう。逆に中途半端な覚悟で行っても後悔が残ってしまうので、どうせやるのであれば全力で行っておきたいところです。そして、表彰台を目指し、その中でも真ん中の頂点を目指す事が、やはり参加するものとしての義務とも言えるでしょう。みんなが全力でぶつかり合うからこそ、その競技内容も素晴らしいものになるというものです。トロフィーの価値はそういったものの積み重ねによってさらに上がり、優勝カップの重みもそれに連れて、どんどんと重たい物になってゆく事でしょう。大会に参加する人には是非、最後まで諦めずに頑張ってもらいたいところです。

何よりも価値がある優勝カップのトロフィー

どんなトロフィーよりも、やはり表彰台の真ん中で手渡される事になる優勝カップには、大きな価値があると言えるでしょう。今までその表彰台に登った事が無いと言う人も、是非ともその頂点を目指して頑張ってもらいたいところです。どんな大会や種目だったとしても、ジャンルレスでそれは素晴らしい事です。一つの事を最後まで極めようと思って努力を続ける事は、何物にも代え難い、素晴らしい魅力があると言えるでしょう。トロフィーを天高く掲げ、それと同時に見せる最高の笑顔は、絵になるほどに良い情景です。それを見た第三者達も、自分の事の様に感情移入して、明日から頑張ろうという気持ちになる事が出来るのです。優勝カップは、自分自身だけではなく、それを受け取っている様を見ている他人にも、大きな勇気を与える事が出来る力を持っています。そう言った事を考えると、とんでもなく大きな価値が眠っていると言っても良いでしょう。これからの時代では、こういったニュースが流れるだけでも、非常に喜ばしい事です。それが例え自分に取って興味の無い大会やスポーツだったとしても、是非注目して、そこに至るまでに努力をしてきた選手達を、見習う様にしたいものです。