トロフィーの中でも最高の価値を持つ優勝カップを狙おう

最初から中途半端な順位を狙って大会に出場しても、待っている結果は本当に中途半端なものであるのは当然の事です。なので、出来る事であれば最初からトップを狙って、邁進を続けて行きたいところでしょう。普通のトロフィーではなく、色も大きさも全く違う優勝カップを手にする事で、何よりも自分を勇気づける事が出来る様になります。全ての選手の頂点に立つ事が出来るので、否が応でも自信をつける事が出来るでしょう。トロフィーの物的価値に拘るよりも、そこに至るまでの過程にこそ、大きな価値を見いだして欲しいところです。何故ならば、人間が生きて行くにあたって、その道程こそが最も重要な事だからです。優勝カップは確かにとても尊いものです。でも、それを手にした人間の方がもちろん価値があり、そしてそこに至った努力の方が、数倍の価値があると言う事を、決して忘れて欲しく無いのです。トロフィー取得を目指し、その種目に出場すると決めたら、あとは優勝カップの事だけを考えて、その道程で如何にその為に努力が出来るかと言う事を考えましょう。すなわち、どんな事にも言える事としては、最初から最後まで、全ての事は自分自身との戦いの連続と言えるのです。

優勝カップのトロフィーを目指そう

一つの競技に参加して、表彰台に立つ事を考えているのであれば、出来る事ならその真ん中、いわゆる頂点を目指しておきたいところです。2位や3位をあえて最初から狙うといった理由はどこにも無いので、どうせならば最初からトップになる事を目指した方が、全てにおいて全力を出す事が出来る様になるでしょう。トロフィーを最上の所で手にしている選手を見ていると、その価値を嫌でも感じる事が出来ます。人間はどんなジャンルにおいても、頂点を目指す事が重要になって来るのです。そして、そこに至るまでにどんな生き方をするか、どれだけの努力をする事が出来るのかというのが本当に大切な事です。優勝カップを手にする事自体がもちろん大切な事ですが、そこには単純な努力だけでは到達出来ないので、自分なりの工夫、オリジナリティが必要になって来るのです。他人と同じ事をしていると他人と同レベルになるだけなので、出来る事であれば、そこに自分ならではの調味料を加える事が重要となります。それが出来て、かつ誰よりも努力をする事が出来た人は、優勝カップという名のトロフィーを手にする事が出来るでしょう。それはすなわち、今までの自分の努力が間違っていなかった事の証明となるのです。